「人」カテゴリーアーカイブ

レイ・ブラッドベリ

レイ・ブラッドベリ

他のブラッドベリ・ファン同様、私も夏の少年期を彼の魔術儀礼で通過した。
《私》という成分表のほとんど…とは、いかないまでも、かなりの重要成分であることには間違いない。
漆黒の宇宙、荒れ狂う空のような白亜の龍神、神の機知と小市民の愚か。
彼の紡ぎ出す詩的で美しい世界は、今も振り返ると切ない思い出のタイム・カプセルのよう。

もともとはグラム・ロックスター、マーク・ボランの愛読書、かつまたバンド名の「Tyrannosaurus Rex」の元ということもあって、興味を持ったのが始まり。
私のノイズ・ユニットもいまだブラッドベリの短編のタイトルを拝借して「Rocket Summer」である。
彼の《夏》というテーマは実に巧みに少年のそれにマッチしている。おそらく彼は、心が「少年」のままだったに違いない。
《夏》は闇と光と真実と幻想を通過するゲートであって、再生と誕生を現す。少なくとも「少年」にとっての《夏》はそうだ。

私のおすすめは「霧笛」「万華鏡」だ。
「霧笛」は映画化されており、彼の代表作と言っても良いと思う。
霧が出ると鳴らされるサイレンの音をメスの恐竜の声と勘違いするオスの話。
舞台となる岸壁の灯台というロケーション、自然の静けさ、激しさが、この寂しげな取り残され、忘れ去られたであろうモンスターの悲哀を詩的に描いた秀作。

「万華鏡」は今思えばかなり宗教的な内容だったのかも知れない。
宇宙船の事故で大気圏に放り出されたクルーのいがみ合い、やがて、子ども達の目に流れ星となって焼き付くことを願う《愛》。

今年(2012年)彼が亡くなって、今日は彼の誕生日。今年の《夏》は海でいえば「なぎ」。とても少年の《夏》ではなかった。彼が死んでから、今日まで、実に「抜け殻」な《夏》を過ごしてしまった。
私なりに「喪に服した」のかも知れない。
大切な「少年期」の何かが壊れた気がすると同時に、何かとてつもなく「少年期」に戻らなければならない気になっている。
まったく新しい《夏》を通過する準備なのかも知れない。

レイ・ブラッドベリ – Wikipedia

円形住宅

前々からこの二つの住宅は似てるなと思っていたのです。

ほとんどの家に古代からの族譜があり、祖先信仰が強く、風習も頑なに守ってきたため、周囲から隔絶されて発達した客家語には古代の文語がうずもれるように残っている部分があるといわれている。

客家 – Wikipedia

よく知られている土楼(円形のものは円楼、正方形など四角形のものは方楼)と呼ばれる独特の集合住宅は、客家人全体の習俗ではなく、福建省の一部山間部の客家人だけに見られるもので、外部からの襲撃を防ぐために作られており、一族がまとまって居住している。また、広東省や香港では「圍」と呼ばれる、城壁のような壁の中に村を築く方法も取られていた。このことから客家の間には、他の漢民族と比べ規律を重視する気風が生まれた。

福建土楼

ヤノマミ族 – Wikipedia

シャボノ・シャバノ(shabano,shabano,xapono,yano)は、ベネズエラ南部およびブラジル北部の先住民族ヤノマミ族の使う小屋である。仮設住宅として使用され、伝統的に、木造でシュロ葺である。伝統的なヤノマミ族の村では円錐形か長方形の複数のシャボノで中央の広場を囲む。各家族は、シャボノの中にそれぞれの場所を持つ。

シャボノ – Wikipedia

夢野久作

地元福岡の奇譚作家、夢野久作。
私が学生時代の頃、「ドグラ・マグラ」のブームであったこともあり、思い入れの作家であると同時に彼を取り巻く人(特に彼の父親である戦時中の大物フィクサー、杉山茂丸など右翼団体、玄洋社コネクション)のネットワークが日本の闇の歴史と直結しているように思えて、妄想膨らむ、知的好奇心の仕入れ先とでも言える存在。


映画「ドグラ・マグラ」 (1988) 予告  trailer 投稿者 spyagent0011

夢野久作 – Wikipedia

夢野久作をめぐる人々

作家別作品リスト:夢野 久作

ジョージ・オーウェル

ジョージ・オーウェル – Wikipedia

実験記録 No.02:【日本語訳】一九八四年(Nineteen Eighty-Four)

実験記録 No.02:【日本語訳】動物農場(Animal Farm)

映画『動物農場』公式サイト

ジョージ・オーウェル
ジョージ・オーウェル

ジョージ・オーウエルとオルダス・ハクスリーは予言的な小説『1984年』、『素晴らしき新世界』を20世紀前半に出版しているが、彼等は何が起こるのか、前もって知っていたようだ。
オーウエル(本名、エリック・ブレアー)が、描いた社会は、警察国家と全社会にみなぎる管理社会や、終わりなき戦争など、人々を軋轢の中に留めておく、今日の社会を彷彿とさせる。

この終わりなき戦争とは、『テロとの戦い』のこと。どうして『テロとの戦いに勝利した』と言い切ることが出来るのだろうか?
出来ないはずだ。もともとテロは存在しないのだから。しかし、人々はテロに勝ったのだから、成功であると思ってしまう。

オルダス・ハクスリーの『素晴らしい新世界』は薬と遺伝操作によっての人口抑制計画、両親が子供を育てる権利を失うこと又は自然の営みによる、子供を作る権利喪失などについて述べられている。
その代り、世界政府によって、人工的な出生によるプログラムされた『孵卵工場』(人工子宮)から計画的に生産されるようになるとも書かれている。
ハクスリーが予言した世界は、ほとんど実現化しているし、現実に、親の権利が政府によって奪われているのは、その最終目標に至る布石と言える。

オーウェルはエルトン大学というエリート校で、ハクスリーの元で学んだ。そこはウィンザー城の近くで、ロンドンの郊外にある。
両者は友人になり、ハクスリーはオーウェルをファビアン協会に紹介する。この協会は、イルミナティの重要組織の一つで、その会員の中には前英国首相のトニー・ブレア氏が所属している。
オーストラリアでもその影響力は大きく、ジュリア・ギラード首相と、その前首相で現在の外務大臣ケビン・ラッドと共に会員である。

特にイルミナティはこのファビアン協会を左翼派とし、操る為の下部機関とし設立した。
たとえば、英国労働党の設立、イルミナティの最も重要なロンドン経済大学(LES)の創立など。

川岸で今何が起こっているのか…爆発まであと時間はどのくらい… – David Icke in Japan