ジョージ・オーウェル

ジョージ・オーウェル – Wikipedia

実験記録 No.02:【日本語訳】一九八四年(Nineteen Eighty-Four)

実験記録 No.02:【日本語訳】動物農場(Animal Farm)

映画『動物農場』公式サイト

ジョージ・オーウェル
ジョージ・オーウェル

ジョージ・オーウエルとオルダス・ハクスリーは予言的な小説『1984年』、『素晴らしき新世界』を20世紀前半に出版しているが、彼等は何が起こるのか、前もって知っていたようだ。
オーウエル(本名、エリック・ブレアー)が、描いた社会は、警察国家と全社会にみなぎる管理社会や、終わりなき戦争など、人々を軋轢の中に留めておく、今日の社会を彷彿とさせる。

この終わりなき戦争とは、『テロとの戦い』のこと。どうして『テロとの戦いに勝利した』と言い切ることが出来るのだろうか?
出来ないはずだ。もともとテロは存在しないのだから。しかし、人々はテロに勝ったのだから、成功であると思ってしまう。

オルダス・ハクスリーの『素晴らしい新世界』は薬と遺伝操作によっての人口抑制計画、両親が子供を育てる権利を失うこと又は自然の営みによる、子供を作る権利喪失などについて述べられている。
その代り、世界政府によって、人工的な出生によるプログラムされた『孵卵工場』(人工子宮)から計画的に生産されるようになるとも書かれている。
ハクスリーが予言した世界は、ほとんど実現化しているし、現実に、親の権利が政府によって奪われているのは、その最終目標に至る布石と言える。

オーウェルはエルトン大学というエリート校で、ハクスリーの元で学んだ。そこはウィンザー城の近くで、ロンドンの郊外にある。
両者は友人になり、ハクスリーはオーウェルをファビアン協会に紹介する。この協会は、イルミナティの重要組織の一つで、その会員の中には前英国首相のトニー・ブレア氏が所属している。
オーストラリアでもその影響力は大きく、ジュリア・ギラード首相と、その前首相で現在の外務大臣ケビン・ラッドと共に会員である。

特にイルミナティはこのファビアン協会を左翼派とし、操る為の下部機関とし設立した。
たとえば、英国労働党の設立、イルミナティの最も重要なロンドン経済大学(LES)の創立など。

川岸で今何が起こっているのか…爆発まであと時間はどのくらい… – David Icke in Japan


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください