《神話》喪失

311の大地震は多くの人の命を奪った。

それは《大地は揺れない》という《神話》を喪失させた。

《津波は来ない》という《神話》を喪失させた。

《日常は安全》という《神話》を喪失させた。

福島で原子力発電所がメルトダウンした。

冷却用予備電源を喪失させた。

それは《原発で事故は起きない》という《神話》を喪失させた。

《電力需要》という《神話》を喪失させた。

なぜなら、原発の停止をもっても未だ大規模停電には至らないという《事実》を証明してみせた。

《経済成長》という《神話》を喪失させた。

なぜなら、原発が動いていようがいまいが経済は上向かない《事実》を証明してみせた。

そもそも《経済成長》という《神話》にどれほどの値打ちがあるのか怪しい《事実》を認識させた。

《紙幣は無価値にならない》という《神話》を喪失する日もそう遠くはない。

《マスメディア》が報道する《情報》は《真実》であるという《神話》は喪失された。

彼らは、スポンサーから受け取る金額によってはいくらでも《情報》を加工、修正が可能である立場にあるという《事実》を露呈した。

さかのぼって、メディアとか関わった《過去》を再確認してみた。

ひどく「馬鹿げた」情報に右往左往していた《過去》に気がついた。

どうでもいいことを重要なことのように錯覚していたこ《過去》に気がついた。

ひどくやかましいだけの無価値な《情報》であることに気がついた。

《大学教授》が発表する《情報》は、科学的であり、解析しつくされた、限りなく《真実》であるという《神話》は喪失された。

彼らは、スポンサーから受け取る金額によってはいくらでも《情報》を加工、修正が可能である立場にあるという《真実》を証明してみせた。

さかのぼって、教育機関とか関わった《過去》を再確認してみた。

「絆」「連帯」「協調性」などという《言葉》で集団を強要され《自我》《個性》を奪われていた《過去》に気がついた。

「進化」に裏打ちされた「明るい未来」「理想の社会」への《進歩》などという《言葉》で《時間》を収奪されていた《過去》に気がついた。

「人権」「理想」「理性」などという《言葉》で《思考》を停止させられていた《過去》に気がついた。

311の衝撃は《認識》《情報》が危ういことを教えてくれた。

犠牲になった人の命を無駄にしないためにも、そのことを肝に銘じて生きていく。

これだけの衝撃にもかかわらず、覚醒めない人々を尻目に…。


「《神話》喪失」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA