「独裁者」

I’m sorry but I don’t want to be an Emperor. That’s not my business.
I don’t want to rule or conquer anyone.
I should like to help everyone if possible, Jew, gentile, black man, white.

申し訳ない 私は皇帝になりたくない
支配はしたくない
できれば援助したい ユダヤ人も黒人も白人も

We all want to help one another, human beings are like that.
We all want to live by each other’s happiness, not by each other’s misery. We don’t want to hate and despise one another.
In this world there is room for everyone and the earth is rich and can provide for everyone.

人類はお互いに助け合うべきである
他人の幸福を念願として お互いに憎しみあったりしてはならない
世界には全人類を養う富がある

The way of life can be free and beautiful. But we have lost the way.
Greed has poisoned men’s souls has barricaded the world with hate, has goose-stepped us into misery and bloodshed.

人生は自由で楽しいはずであるのに
貧欲が人類を毒し 憎悪をもたらし 悲劇と流血を招いた

We have developed speed but we have shut ourselves in, machinery that gives abundance has left us in want.
Our knowledge has made us cynical, our cleverness hard and unkind.

スピードも意思を通じさせず 機械は貧富の差を作り
知識をえて人類は懐疑的になった

We think too much and feel too little,
more than machinery we need humanity,
more than cleverness we need kindness and gentleness,
without these qualities, life will be violent and all will be lost.

思想だけがあって感情がなく
人間性が失われた
知識より思いやりが必要である
思いやりがないと暴力だけが残る

The aeroplane and the radio have brought us closer together.
The very nature of these inventions cries out for the goodness in men, cries out for universal brotherhood for the unity of us all.
Even now my voice is reaching millions throughout the world, millions of despairing men, women and little children,
victims of a system that makes men torture and imprison innocent people.
To those who can hear me, I say “Do not despair”.

航空機とラジオは我々を接近させ
人類の良心に呼びかけて 世界をひとつにする力がある
私の声は全世界に伝わり 失意の人々にも届いている
これらの人々は罪なくして苦しんでいる
人々よ 失望してはならない

The misery that is now upon us is but the passing of greed,
the bitterness of men who fear the way of human progress,
the hate of men will pass and dictators die,
and the power they took from the people will return to the people,
and so long as men die, liberty will never perish.

貧欲はやがて姿を消し
恐怖もやがて消え去り
独裁者は死に絶える
大衆は再び権力を取り戻し
自由は決して失われぬ!

Soldiers, Don’t give yourselves to brutes,
men who despise you and enslave you – who regiment your lives,
tell you what to do, what to think and what to feel,
who drill you, diet you, treat you as cattle, as cannon fodder.

兵士諸君 犠牲になるな
独裁者の奴隷になるな!
彼等は諸君を欺き
犠牲を強いて家畜の様に追い回している!

Don’t give yourselves to these unnatural men, machine men, with machine minds and machine hearts.
You are not machines. You are not cattle.
You are men.
You have the love of humanity in your hearts.
You don’t hate, only the unloved hate. Only the unloved and the unnatural.
Soldiers! Don’t fight for slavery, fight for liberty.

彼等は人間ではない! 心も頭も機械に等しい!
諸君は機械ではない!
人間だ!
心に愛を抱いてる
愛を知らぬ者だけが憎み合うのだ!
独裁を排し 自由の為に戦え!

In the seventeenth chapter of Saint Luke it is written “the kingdom of God is within man” not one man, nor a group of men – but in all men – in you, the people.

“神の王国は人間の中にある”
すべての人間の中に! 諸君の中に!

You the people have the power, the power to create machines, the power to create happiness.
You the people have the power to make life free and beautiful, to make this life a wonderful adventure.

諸君は幸福を生み出す力を持っている
人生は美しく 自由であり すばらしいものだ!

Then in the name of democracy let’s use that power – let us all unite.
Let us fight for a new world,
a decent world that will give men a chance to work, that will give you the future and old age and security.

諸君の力を民主主義の為に集結しよう!
よき世界の為に戦おう!
青年に希望を与え 老人に保障を与えよう

By the promise of these things, brutes have risen to power, but they lie.
They do not fulfil their promise, they never will.
Dictators free themselves but they enslave the people.

独裁者も同じ約束をした
だが彼らは約束を守らない!
彼らの野心を満し 大衆を奴隷にした!

Now let us fight to fulfil that promise.
Let us fight to free the world, to do away with national barriers, do away with greed, with hate and intolerance.
Let us fight for a world of reason, a world where science and progress will lead to all men’s happiness.
Soldiers! In the name of democracy, let us all unite!

戦おう 約束を果す為に!
世界に自由をもたらし 国境を取除き 貧欲と憎悪を追放しよう!
良心の為に戦おう 文化の進歩が全人類を幸福に導くように
兵士諸君 民主主義の為に団結しよう!

Hannah, can you hear me?
Wherever you are, look up Hannah.

ハンナ 聞こえるかい
元気をお出し

The clouds are lifting, the sun is breaking through.
We are coming out of the darkness into the light.
We are coming into a new world.
A kind new world where men will rise above their hate, their greed and their brutality.

ご覧 暗い雲が消え去った 太陽が輝いてる
明るい光がさし始めた
新しい世界が開けてきた
人類は貧欲と憎悪と暴力を克服したのだ

Look up Hannah.
The soul of man has been given wings – and at last he is beginning to fly.
He is flying into the rainbow – into the light of hope, into the future, the glorious future that belongs to you, to me, and to all of us.
Look up hunna. Look up.

人間の魂は翼を与えられていた やっと飛び始めた
虹の中に飛び始めた 希望に輝く未来に向かって
輝かしい未来が君にも私にもやって来る 我々すべてに!
ハンナ 元気をお出し!

独裁者 – ラストの演説

「独裁者」

I’m sorry but I don’t want to be an Emperor. That’s not my business.

I don’t want to rule or conquer anyone.

I should like to help everyone if possible, Jew, gentile, black man, white.

申し訳ない 私は皇帝になりたくない

支配はしたくない

できれば援助したい ユダヤ人も黒人も白人も

We all want to help one another, human beings are like that.

We all want to live by each other’s happiness, not by each other’s misery. We don’t want to hate and despise one another.

In this world there is room for everyone and the earth is rich and can provide for everyone.

人類はお互いに助け合うべきである

他人の幸福を念願として お互いに憎しみあったりしてはならない

世界には全人類を養う富がある

The way of life can be free and beautiful. But we have lost the way.

Greed has poisoned men’s souls has barricaded the world with hate, has goose-stepped us into misery and bloodshed.

人生は自由で楽しいはずであるのに

貧欲が人類を毒し 憎悪をもたらし 悲劇と流血を招いた

We have developed speed but we have shut ourselves in, machinery that gives abundance has left us in want.

Our knowledge has made us cynical, our cleverness hard and unkind.

スピードも意思を通じさせず 機械は貧富の差を作り

知識をえて人類は懐疑的になった

We think too much and feel too little,

more than machinery we need humanity,

more than cleverness we need kindness and gentleness,

without these qualities, life will be violent and all will be lost.

思想だけがあって感情がなく

人間性が失われた

知識より思いやりが必要である

思いやりがないと暴力だけが残る

The aeroplane and the radio have brought us closer together.

The very nature of these inventions cries out for the goodness in men, cries out for universal brotherhood for the unity of us all.

Even now my voice is reaching millions throughout the world, millions of despairing men, women and little children,

victims of a system that makes men torture and imprison innocent people.

To those who can hear me, I say “Do not despair”.

航空機とラジオは我々を接近させ

人類の良心に呼びかけて 世界をひとつにする力がある

私の声は全世界に伝わり 失意の人々にも届いている

これらの人々は罪なくして苦しんでいる

人々よ 失望してはならない

The misery that is now upon us is but the passing of greed,

the bitterness of men who fear the way of human progress,

the hate of men will pass and dictators die,

and the power they took from the people will return to the people,

and so long as men die, liberty will never perish.

貧欲はやがて姿を消し

恐怖もやがて消え去り

独裁者は死に絶える

大衆は再び権力を取り戻し

自由は決して失われぬ!

Soldiers, Don’t give yourselves to brutes,

men who despise you and enslave you – who regiment your lives,

tell you what to do, what to think and what to feel,

who drill you, diet you, treat you as cattle, as cannon fodder.

兵士諸君 犠牲になるな

独裁者の奴隷になるな!

彼等は諸君を欺き

犠牲を強いて家畜の様に追い回している!

Don’t give yourselves to these unnatural men, machine men, with machine minds and machine hearts.

You are not machines. You are not cattle.

You are men.

You have the love of humanity in your hearts.

You don’t hate, only the unloved hate. Only the unloved and the unnatural.

Soldiers! Don’t fight for slavery, fight for liberty.

彼等は人間ではない! 心も頭も機械に等しい!

諸君は機械ではない!

人間だ!

心に愛を抱いてる

愛を知らぬ者だけが憎み合うのだ!

独裁を排し 自由の為に戦え!

In the seventeenth chapter of Saint Luke it is written “the kingdom of God is within man” not one man, nor a group of men – but in all men – in you, the people.

“神の王国は人間の中にある”

すべての人間の中に! 諸君の中に!

You the people have the power, the power to create machines, the power to create happiness.

You the people have the power to make life free and beautiful, to make this life a wonderful adventure.

諸君は幸福を生み出す力を持っている

人生は美しく 自由であり すばらしいものだ!

Then in the name of democracy let’s use that power – let us all unite.

Let us fight for a new world,

a decent world that will give men a chance to work, that will give you the future and old age and security.

諸君の力を民主主義の為に集結しよう!

よき世界の為に戦おう!

青年に希望を与え 老人に保障を与えよう

By the promise of these things, brutes have risen to power, but they lie.

They do not fulfil their promise, they never will.

Dictators free themselves but they enslave the people.

独裁者も同じ約束をした

だが彼らは約束を守らない!

彼らの野心を満し 大衆を奴隷にした!

Now let us fight to fulfil that promise.

Let us fight to free the world, to do away with national barriers, do away with greed, with hate and intolerance.

Let us fight for a world of reason, a world where science and progress will lead to all men’s happiness.

Soldiers! In the name of democracy, let us all unite!

戦おう 約束を果す為に!

世界に自由をもたらし 国境を取除き 貧欲と憎悪を追放しよう!

良心の為に戦おう 文化の進歩が全人類を幸福に導くように

兵士諸君 民主主義の為に団結しよう!

Hannah, can you hear me?

Wherever you are, look up Hannah.

ハンナ 聞こえるかい

元気をお出し

The clouds are lifting, the sun is breaking through.

We are coming out of the darkness into the light.

We are coming into a new world.

A kind new world where men will rise above their hate, their greed and their brutality.

ご覧 暗い雲が消え去った 太陽が輝いてる

明るい光がさし始めた

新しい世界が開けてきた

人類は貧欲と憎悪と暴力を克服したのだ

Look up Hannah.

The soul of man has been given wings – and at last he is beginning to fly.

He is flying into the rainbow – into the light of hope, into the future, the glorious future that belongs to you, to me, and to all of us.

Look up hunna. Look up.

人間の魂は翼を与えられていた やっと飛び始めた

虹の中に飛び始めた 希望に輝く未来に向かって

輝かしい未来が君にも私にもやって来る 我々すべてに!

ハンナ 元気をお出し!

独裁者 – ラストの演説

非組織超個人連合宣言草稿

敵の声に耳を傾け、敵の言いなりになり、敵なみにモダンに生き、敵の財産を使用し、敵の金庫を破る。

敵の言葉を使い、敵の気づかぬうちに、敵を孤立させ、敵を根絶やしにする。

敵の思う形に組織化されているが結束せず、個人の志を尊重し、同調者を捜し結束する。

結束は永続せず、敵の解体を目的に結束し任務完了で解体する。

一連の連続運動を、個々人の判断で実行し、永遠に繰り返す。

非組織超個人連合統一戦線

20年かけてわかったことを20年かけて反古にされていたことに気がつきました。

諸悪の根源は「集団」というぬるま湯の洗脳。

誰もテレビを視聴しない明るい低電力消費社会を実現しましょう。

Born to Hate ! 天性のランダム意図無しキュレーション、トリックスターxtraでございます。

「虫」というものは少年において最初の「他者」だと何かで読んだことがある。
異質なモノ、退治するモノ、対峙するモノ。
多くの場合「虫」は少年達の手によって殺められる「殺生」の通過儀礼であり、多くの内気少年の稀な「友人」である。
また、妄想から作り上げられる「仮想敵国」のエネミーだったりもする。
ひょっとすると最初のセックスの対象かも知れない。

手塚治虫の場合

マンガの神様 TEZUKA Osamu を知らない人は少ないが、彼が無類の昆虫少年であったことを知る人も、また少ないのではないだろうか。旧制中学時代から既に、彼は本名「治」の後に「蟲」をつなげて「治蟲」というペンネームを用いていた。実際には「歩行虫」と当て字をする「オサムシ」は、マイマイカブリの一種で「首が長くて目玉がギョロとしている」その形相が自分に似ている…との由来で好んで名乗っていたようだ。

六稜NEWS-030727・講演会「手塚治虫と昆虫」

人間昆虫記
人間昆虫記

山下清の場合

子供の頃、周囲の子供達にいじめられ、一人で遊ぶ事が多かった清。
中でも虫捕りは、当時まだ豊かな自然があった浅草の自宅付近で、弟達と楽しんでいたと云う。
そしてこの虫捕りは、清の初期の貼絵に大きな影響を与えていたと思われる。その初期の作品には大好きだった昆虫や花など、身近なものを題材にする事が多く、その制作風景を見て学園の先生は帽子や机の中に入れた虫が紙の上に表現され、清はこれと遊んでいるようでその姿は美しくあったと語ったと云う。

『蝶々は虫の中で一番きれいな虫で 蝶々の好きな人もあれば 嫌いな人もいる 蝶々には粉があって その粉を汚がって嫌がる人がいる 好きな人が蝶々をつかまえて遊んでいると 汚いから逃がせと言うので せっかく上手くつかまえた蝶々を逃がすのが惜しいのです』

晴れの国 岡山(岡山デジタルミュージアム:裸の大将 山下清展Ⅰ/貼絵との出合い)(岡山市内)

人間昆虫記

「虫」というものは少年において最初の「他者」だと何かで読んだことがある。

異質なモノ、退治するモノ、対峙するモノ。

多くの場合「虫」は少年達の手によって殺められる「殺生」の通過儀礼であり、多くの内気少年の稀な「友人」である。

また、妄想から作り上げられる「仮想敵国」のエネミーだったりもする。

ひょっとすると最初のセックスの対象かも知れない。

手塚治虫の場合

マンガの神様 TEZUKA Osamu を知らない人は少ないが、彼が無類の昆虫少年であったことを知る人も、また少ないのではないだろうか。旧制中学時代から既に、彼は本名「治」の後に「蟲」をつなげて「治蟲」というペンネームを用いていた。実際には「歩行虫」と当て字をする「オサムシ」は、マイマイカブリの一種で「首が長くて目玉がギョロとしている」その形相が自分に似ている…との由来で好んで名乗っていたようだ。

六稜NEWS-030727・講演会「手塚治虫と昆虫」

山下清の場合

子供の頃、周囲の子供達にいじめられ、一人で遊ぶ事が多かった清。

中でも虫捕りは、当時まだ豊かな自然があった浅草の自宅付近で、弟達と楽しんでいたと云う。

そしてこの虫捕りは、清の初期の貼絵に大きな影響を与えていたと思われる。その初期の作品には大好きだった昆虫や花など、身近なものを題材にする事が多く、その制作風景を見て学園の先生は帽子や机の中に入れた虫が紙の上に表現され、清はこれと遊んでいるようでその姿は美しくあったと語ったと云う。

『蝶々は虫の中で一番きれいな虫で 蝶々の好きな人もあれば 嫌いな人もいる 蝶々には粉があって その粉を汚がって嫌がる人がいる 好きな人が蝶々をつかまえて遊んでいると 汚いから逃がせと言うので せっかく上手くつかまえた蝶々を逃がすのが惜しいのです』

晴れの国 岡山(岡山デジタルミュージアム:裸の大将 山下清展?/貼絵との出合い)(岡山市内)

パンドラ – フクシマ – 女

ヘーパイストスは泥から彼女の形をつくり、神々はあらゆる贈り物(=パンドーラー)を与えた。

アテーナーからは機織や女のすべき仕事の能力を、

アプロディーテーからは男を苦悩させる魅力を、

ヘルメースからは犬のように恥知らずで狡猾な心を与えられた。

そして、神々は最後に彼女に決して開けてはいけないと言い含めて箱(壺ともいわれる 詳細は後述)を持たせ、エピメーテウスの元へ送り込んだ。(中略)神々からつかわされた女というものがいかに男たちの災いとなっているか熱弁している。

パンドーラー – Wikipedia

PanDora

テルミン

テルミン – Wikipedia

あの、50年代のインチ臭いアメリカSF映画で聞ける怪しい音。
テルミンの魅力は音もさることながら、演奏が舞踏的で、動的、視覚的要素が伴うというところにあるように思う。

以前、学研から出ていた「大人の科学」の「テルミン」を購入した。あれは入門器というよりほとんどおもちゃだ。

最近ダイソーの商品だけで自作できるという話題を見つけたのでいかにリンク先を記しておく。

ダイソーラジオでテルミンを作ってみた: ポケットニュース

100円楽器で音楽 023|炭酸水とミルクの音楽

テルミン

テルミン – Wikipedia

あの、50年代のインチ臭いアメリカSF映画で聞ける怪しい音。

テルミンの魅力は音もさることながら、演奏が舞踏的で、動的、視覚的要素が伴うというところにあるように思う。

以前、学研から出ていた「大人の科学」の「テルミン」を購入した。あれは入門器というよりほとんどおもちゃだ。

最近ダイソーの商品だけで自作できるという話題を見つけたのでいかにリンク先を記しておく。

ダイソーラジオでテルミンを作ってみた: ポケットニュース

100円楽器で音楽 023|炭酸水とミルクの音楽

北へ

桜は散り、蒼い葉を茂らせ、かつてあった場所の、かつてあったものを押し流す。

しばらくすると北には死んだはずの桜が満開という便り。

8月は去り、冷たい無垢が吹き、かつてあった場所の。かつてあった物を洗い流す。

しばらくすると北の方角に名残惜しげな積乱雲。

死んだ思いは北へ帰っていくのだろうか?

南住まいの俺には北のことなど真偽を確かめるすべが無い。

ただあるのは北に帰った思いの置き土産、妄想だけ。