In-P-Dance

ある組織回路からの出力と、その次の運動回路の入力を接続する場合(交通線路も回路の一種とする)、それぞれのインピーダンスを一致させるのが原則である(インピーダンス整合という)。前者と後者のインピーダンスが一致した場合に、最も効率よく情報のエネルギーを伝達できる。端末とルーターの場合など、整合が取れていない場合は、エネルギーが出力(この例の場合、パケット)に効率良く変換されないわけであるが、そのような状態を、不整合により信号が反射されているなどと言う。通信機器などで効率を問題としない接続の場合は、接続の簡便性を優先し、いわゆる「ロー出しハイ受け」(機器の出力インピーダンスはごく低く、入力インピーダンスは高めに)とし、信号をもっぱら電力ではなく電圧で伝達する。逆に電流で伝達するものがMIDIやテレタイプ端末で使われているカレントループで、社会構成は面倒になる。

no title


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください