新世界秩序の仲間入り宣言はしたけれど。

xtraの女嫌いは有名だし、かつて地球上の女がバタバタ死ぬ細菌をばらまいてやれと妄想した話も何度もしたからもう飽き飽きしてるかもしれない。これは単に周囲の女性が感情的に耐え難いほどに鬱陶しいからであって、極めて自己中心的で超個人的な歪んだ考えであることは言うまでもない。その虐殺(というよりほとんど人類という種に対するジェノサイド)を肯定化するのに俺が思いついたのは地球の『環境保全』だった。つまり、地球上を汚しているのは『人間』だから『人間』を製造できる『女性』を地球上から無くせば良いという発想だ。

この義務教育時代から耳にたこができるほど聞かされてきた『環境』問題という口実は、原子力発電を肯定するための地球温暖化という極めていんちき臭い二酸化炭素排出量問題など、便利に使われてきているわけだが、アニメ『機動戦士ガンダム』のジオン・ズム・ダイクンが掲げる(人間を地球から追い出すことで自然を再生させる)革命、また、よく似た話で、新世界秩序のエリートたちも環境保全名目で飛行機から毒をまいて余分な人間を殺しまくる(人口削減政策)という話を聞く。もちろんケムトレイルの話は鵜呑みにしてはいけない。なぜなら、こうして、俺らの目の前に形として提示されているということは、表向きからは見えない別の目的があるからだ。

『結果(環境保全)』が目的なのか、はたまた『プロセス(殺戮)』が目的なのか? 奇遇にして、新世界秩序のエリートたちと同じ志を持っていることに共感を覚え、何度も同じ手口に騙される愚かな大衆をdisって twitter アカウントを放り出しては見たが、坂の上の雲の上の賢人たる悪魔どもの稚拙さもドブさらい以下の大衆に勝るとも劣らない『愚か』さが鼻につく。
西洋合理主義。これは絵に描いた餅。経験の浅いマザー・ファッカー坊やの浅はかで幼稚な夢。

『あそび』がないのだ。

木工の折りたたみ式の椅子などの制作経験があれば誰でも知っていることだが、正確に設計図通りに木を切り出して組み立てると、たいていはジョイント部分などがキツキツで使いものにならない。『あそび』という図面にない『余裕』を確保しなければならない。
奇しくも『アドビ』の『Illustrator』という印刷データ作成ツールのおかげで、印刷技術の微妙な知識が要らなくなったことで、今のデザイナーは『塗りたし』を知らない。
『塗りたし』は印刷技術の微妙なエラー(版ズレ)を補完する『あそび』だ。
精巧な技術のを支えるのは『厳密』さでも『精密』さでも『完璧』さでもない、『あそび』『余裕』『無駄』なのだ。
新世界秩序の連中の話を聞けば聞くほど、『無駄』や『余計』を考慮して自分たちのアジェンダを理想を『精密』に、あるいは『完璧』に仕上げようという、気配を感じない。いやむしろ、まるで頭に入っていない印象だ。
それが取りも直さず『人口削減』『優生学』的見地だ。
『無駄な人間は殺してしまえ』では、完璧に循環性を保った社会システムはとうてい作れない。
新世界秩序は必ず失敗する。目的を果たしても必ず早々に崩壊が起こる。
さらに付け加えるならば、『無駄』や『余分』を考慮すると、今度は彼らが理想とする『完璧』なヒエラルキー構造自体が危うくなる。

おそらくは多少時間がかかるのだろうが、新世界秩序やそのエリートたちはその自身の『有り様』から自然に必然的に世界から淘汰される。

ただ最近、少し感じるのは彼ら自身、それに気付いてるのではないか…?…ということだ。
つまり、少数先鋭故に、深く、静かになめらかに制御不能状態に陥ってるのではないか?
プライドの高いへそ曲がりの頑固な性格も手伝って救済も求められず、しかも『犬』であったはずのサイコパス人材が『障害』そのものになったのかも知れない。まさにディズニーの『魔法使いの弟子』状態。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA