カタカムナ


縄文時代以前、旧石器時代末期に存在したとされる。極めて高度な科学技術や独自の哲学体系を持っていたことが、神代文字で記された文献(通称「カタカムナ文献」)から推測されるが、この文明の存在を示す遺構や遺物は、この文献以外は見つかっておらず、原本の所在も不明である。日本で初めてカタカムナ文明の存在を唱えたのは楢崎皐月である。楢崎は古事記や日本書紀等を参考に、5年をかけて「カタカムナ文献」の解読に成功。その内容が自然科学的な実用書であった事を突きとめた。この文字はそれが祀られていたとされる神社の名から「カタカムナ文字」と呼ばれ、その文字を使用していた文明として「カタカムナ文明」が提唱された。

カタカムナ文明 – Wikipedia

縄文と古代文明を探求しよう! | シリーズ「潜在思考の原点・カタカムナ」~「カタカムナ」の世界観(1)~

楢崎皐月 – Wikipedia

カタカムナ 楢崎皐月【カタカムナ】の解読をした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA