カテゴリー別アーカイブ: 計画

韓国併合

1910年(明治43年)8月22日に、韓国併合条約が漢城(現在のソウル特別市)で寺内正毅統監と李完用首相により調印され、同月29日に裁可公布により発効、大日本帝国は大韓帝国を併合し、その領土であった朝鮮半島を領有した。1945年(昭和20年)8月15日、大日本帝国は第二次世界大戦(太平洋戦争/大東亜戦争)における連合国に対する敗戦に伴って実効支配を喪失し、同年9月2日、ポツダム宣言の条項を誠実に履行することを約束した降伏文書調印によって、正式に大日本帝国による朝鮮半島領有は終了した。

韓国併合 – Wikipedia

昔日本が韓国を併合する際、日本国内でも反対論が多かった。今の韓国人は知らないかもしれないが、当時の日本の賢明な政治家や経済学者らは、近代国家観からして、教育や社会制度、その他あらゆる分野から見て、日本と朝鮮は違いすぎてこの二つの国が同じ国家としてやっていけるとは考えられない、という意見があったのだ。やれば、間違いなく日本からの一方的な支出が必要で、その負担にたえられるのか、というのである。実際歴史はその通りになってしまった。日本から朝鮮への支出は膨大なものであり、しかもそれは金銭的支出のみならず、人的にも大変な数の人々が朝鮮の近代化のために注がれたのだ。しかし、そのお陰で朝鮮は30年あまりで近代国家に切り替わった。それは殆ど奇跡的なことだったのだ。

ROCKWAY EXPRESS ギリシャ首相:国が崩壊すると警告

アルバート・パイク

アルバート・パイク




アルバート・パイク(Albert Pike、1809年12月29日 – 1891年4月2日)は、南北戦争時の南部連合の将軍。

秘密結社フリーメイソンに所属していたと言われている。「メイソンの黒い教皇」とも呼ばれている。古代や東洋の神秘主義を研究して、構成員を増やした。オハイオ州シンシナティに本拠地にしていた「ゴールデン・サークル騎士団」の名前を変えたと言われる。また1871年、イタリアのフリーメイソンのジュゼッペ・マッツィーニ(イタリア建国の父)に送った手紙には、第一次世界大戦と第二次世界大戦、更に第三次世界大戦についての計画が記されていたという説が陰謀論者の間で広がっている。

アルバート・パイク – Wikipedia

「最初の世界戦争はイルミナティにロシアでツァーの力を転覆させ、その国を無神論的共産主義の砦に作り上げる事を可能にするためにもたらされなければならない。その紛争は英独両帝国の間のイルミナティの工作員によってもたらされ、この戦争を煽動するのに用いられるだろう。その戦争が終わった後、共産主義が打ち建てられ、他の政治体制を破壊し、あらゆる宗教を弱体化させるために用いられるだろう。」

「2回目の世界戦争はファシスト達と政治的シオニスト達の間の紛争を利用して煽動されなければならない。この戦争はナチズムが破壊される様に、そして政治的シオニズムがパレスチナに独立国としてのイスラエルを設けるに十分な程、強くなる様にもたらされなければならない。2回目の世界戦争の間を通じて国際的共産主義はキリスト教徒に均衡するために十分に強くならなければならない、そしてそれは我々が最終的な社会的大変動で必要とするまで抑圧され管理されなければならない。」

「3回目の世界戦争は政治的シオニスト達とイスラム世界の指導者達との間のイルミナティの工作員によってもたらされる紛争を利用して煽動されなければならない。その戦争はイスラム(アラビア世界のイスラム教徒)と政治的シオニズム(イスラエル国家)が相互に破壊し合う様に指揮されなければならない。その間に他の国々は、この点からもう一度分割され、物理的にも、道徳的にも、精神的にも、そして経済的にも消耗し尽くす様に、無理強いして戦わされるだろう… 我々は暴力革命主義者達と無神論者達とを断固として解き放つ、そして我々は凶暴性と最も残虐な騒動の源である絶対的無神論の効果としてそれらの国々においてそのあらん限りの恐怖が明確に表されるであろう、恐るべき社会的大変動を断固として煽動する。それから至る所で市民達は世界の少数派の革命党員達から自身を防衛する事を余儀なくされ、それらの文明の破壊者達を根絶するだろう、そしてキリスト教に幻滅した大勢の自然神教的魂は、その時からさまようだろう、理想を切望して、しかし考えもせずに崇拝するものに捧げ、最終的に公衆の眼前に出現するルシファー(訳注:悪魔大王)の純粋な教義である、宇宙の霊魂の顕現を通じて本物の光をうけるだろう。この霊魂の顕現は、両者、同じ時に征服され、根絶される、キリスト教と無神論の破壊へと続く、全般的な反動的動きから、もたらされるだろう。」

飄(つむじ風): アルバート.パイクの手紙とその予言!!

アルバート・パイクの手紙: デーヴィッド・アイク(David Icke)の情報

ジュゼッペ・マッツィーニ – Wikipedia

日韓トンネル

日本と朝鮮半島南部をトンネルで結ぶ構想は、戦前、日本が立案したこともあった。戦後は「世界基督教統一神霊協会」(統一協会)系グループ事業の「日韓トンネル研究会」(NPO法人)日韓海底トンネル推進議員連盟が、同トンネル構想の推進をしていた。そのほか日本の建設会社の大林組が「ユーラシア・ドライブウェイ構想」の一貫として1980年代当時に実現可能であった技術で構想していた。具体的な実現性については、建設にかかるコストとそこから生み出される利便について様々な意見があり、また日韓間のコスト負担比をどうするかの議論があった。
2011年1月、韓国国土海洋部は「韓日海底トンネルは経済性がない」との調査結果とともに推進中断を明らかにした。

日韓トンネル – Wikipedia


大きな地図で見る

大東亜縦貫鉄道 – Wikipedia