カテゴリー別アーカイブ: 未分類

バートランド・ラッセル

バートランド・アーサー・ウィリアム・ラッセル(Bertrand Arthur William Russell, OM, FRS、1872年5月18日 – 1970年2月2日)は、イギリス生まれの論理学者、数学者、哲学者。第3代ラッセル伯爵。イギリスの首相を2度務めた初代ラッセル伯ジョン・ラッセルは祖父である。

第二次世界大戦直後は、世界政府樹立とそれによる平和維持をめざした。1940年代末から1950年代始めにかけて、アメリカの持つ原子爆弾という超兵器の抑止力によってソ連を押さえ込むことで実現することを構想し、西側諸国の核保有による東側諸国との対抗を説き、労働党の委託を受け精力的に講演を行った。
しかし、その構想は、ソ連の核兵器開発の成功、アメリカ・トルーマン大統領による水素爆弾開発計画(→エドワード・テラー)によって破綻する。米ソによる水爆戦による世界の終末というものが一挙に現実味を帯びたため、ラッセルは、その最悪のシナリオを回避するため、核兵器廃絶の運動に身を投じる。

バートランド・ラッセル – Wikipedia

「もしも戦争が絶滅されるべきならば、それは圧倒的武力を備えた国際的な政府の樹立による以外には不可能であろう」 バートランド・ラッセル

Twitter / ria_bou_bot: 「もしも戦争が絶滅されるべきならば、それは圧倒的武力 …

松下彰良(編)『ラッセル書誌』(バートランド・ラッセルの著作及び関係資料) – バートランド・ラッセルのポータルサイト


カタカムナ

縄文時代以前、旧石器時代末期に存在したとされる。極めて高度な科学技術や独自の哲学体系を持っていたことが、神代文字で記された文献(通称「カタカムナ文献」)から推測されるが、この文明の存在を示す遺構や遺物は、この文献以外は見つかっておらず、原本の所在も不明である。日本で初めてカタカムナ文明の存在を唱えたのは楢崎皐月である。楢崎は古事記や日本書紀等を参考に、5年をかけて「カタカムナ文献」の解読に成功。その内容が自然科学的な実用書であった事を突きとめた。この文字はそれが祀られていたとされる神社の名から「カタカムナ文字」と呼ばれ、その文字を使用していた文明として「カタカムナ文明」が提唱された。

カタカムナ文明 – Wikipedia

縄文と古代文明を探求しよう! | シリーズ「潜在思考の原点・カタカムナ」~「カタカムナ」の世界観(1)~

楢崎皐月 – Wikipedia

カタカムナ 楢崎皐月【カタカムナ】の解読をした。