カテゴリー別アーカイブ: 事故

タイタニック

Titanic sinking

沈没するタイタニック Willy Stöwer画

タイタニック(RMS Titanic)は、20世紀初頭に建造された豪華客船である。
1912年4月14日の深夜に氷山に接触し、翌日未明にかけて沈没した。犠牲者数は乗員乗客合わせて1,513人(他に1,490人、1,517人、1,522~23人など様々な説がある)であり、当時世界最悪の海難事故であった。その後、映画化されるなどして世界的にその名を知られている。

タイタニック (客船) – Wikipedia

オリンピック級客船 – Wikipedia

Kazumoto Iguchi's blog : ジョン・P・モルガン:テスラを葬り、タイタニックを沈没させ、FRBを作った男!

タイタニック号は沈められた!?

孫娘ルイスさんは、「祖父の話では、最初に氷山を発見したときに左に舵を取っていれば、簡単に衝突を防げたそうです。しかし、操舵手(そうだしゅ)が氷山を目の当たりにして、恐怖のあまりに間違った方向に舵を切ってしまったんです」と、氷山と遭遇した場面について語った。そして、「慌てて一等航海士のウィリアム・マードック氏に舵取りを変わったのですが、間に合いませんでした」と、衝突前の様子を説明した。
さらに、衝突後も乗客乗員を救助するチャンスは十分にあったようだ。「実は、船主の関係会社の人物が乗船していて、事故が発生したあとも航海を続けるように指示したそうです。その場で停泊して救助を待てば良かったのですが、船の航行を続けたために沈没が早まりました。救助を待っていれば、誰も死なずに済んだかもしれません」と、付け加えている。つまり史上最悪の惨事は、現場判断で避けられたかもしれないのだ。

【衝撃の事実】タイタニック号は人為的なミスで沈没していた! 生存者の孫娘が真実を語る 2010/09/24(金) 21:55:03 [サーチナ]