月別アーカイブ: 2012年4月

カタカムナ

縄文時代以前、旧石器時代末期に存在したとされる。極めて高度な科学技術や独自の哲学体系を持っていたことが、神代文字で記された文献(通称「カタカムナ文献」)から推測されるが、この文明の存在を示す遺構や遺物は、この文献以外は見つかっておらず、原本の所在も不明である。日本で初めてカタカムナ文明の存在を唱えたのは楢崎皐月である。楢崎は古事記や日本書紀等を参考に、5年をかけて「カタカムナ文献」の解読に成功。その内容が自然科学的な実用書であった事を突きとめた。この文字はそれが祀られていたとされる神社の名から「カタカムナ文字」と呼ばれ、その文字を使用していた文明として「カタカムナ文明」が提唱された。

カタカムナ文明 – Wikipedia

縄文と古代文明を探求しよう! | シリーズ「潜在思考の原点・カタカムナ」~「カタカムナ」の世界観(1)~

楢崎皐月 – Wikipedia

カタカムナ 楢崎皐月【カタカムナ】の解読をした。

子宮頸がんワクチン

子宮頸癌 – Wikipedia

しきゅうのお知らせ 子宮頸がん基礎知識 -allwomen.jp すべての女性のための子宮頸がん情報サイト- GSK

子宮頸がんワクチンの危険性

子宮頸がんワクチンは不妊になる! – ごく普通のおばさんのひとりごと – Yahoo!ブログ

民族消滅の危険~『子宮頚がんワクチンを打つと永久に不妊になる』 ほんとうがいちばん/ウェブリブログ

14歳、子宮頸がんワクチン接種後死亡…国内初 : 医療ニュース : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞)

タイタニック

Titanic sinking

沈没するタイタニック Willy Stöwer画

タイタニック(RMS Titanic)は、20世紀初頭に建造された豪華客船である。
1912年4月14日の深夜に氷山に接触し、翌日未明にかけて沈没した。犠牲者数は乗員乗客合わせて1,513人(他に1,490人、1,517人、1,522~23人など様々な説がある)であり、当時世界最悪の海難事故であった。その後、映画化されるなどして世界的にその名を知られている。

タイタニック (客船) – Wikipedia

オリンピック級客船 – Wikipedia

Kazumoto Iguchi's blog : ジョン・P・モルガン:テスラを葬り、タイタニックを沈没させ、FRBを作った男!

タイタニック号は沈められた!?

孫娘ルイスさんは、「祖父の話では、最初に氷山を発見したときに左に舵を取っていれば、簡単に衝突を防げたそうです。しかし、操舵手(そうだしゅ)が氷山を目の当たりにして、恐怖のあまりに間違った方向に舵を切ってしまったんです」と、氷山と遭遇した場面について語った。そして、「慌てて一等航海士のウィリアム・マードック氏に舵取りを変わったのですが、間に合いませんでした」と、衝突前の様子を説明した。
さらに、衝突後も乗客乗員を救助するチャンスは十分にあったようだ。「実は、船主の関係会社の人物が乗船していて、事故が発生したあとも航海を続けるように指示したそうです。その場で停泊して救助を待てば良かったのですが、船の航行を続けたために沈没が早まりました。救助を待っていれば、誰も死なずに済んだかもしれません」と、付け加えている。つまり史上最悪の惨事は、現場判断で避けられたかもしれないのだ。

【衝撃の事実】タイタニック号は人為的なミスで沈没していた! 生存者の孫娘が真実を語る 2010/09/24(金) 21:55:03 [サーチナ]

アメリカ同時多発テロ事件(911)

アメリカ同時多発テロ事件(アメリカどうじたはつテロじけん)は、2001年9月11日にアメリカ合衆国で発生した、航空機を使った4つのテロ事件の総称である。
航空機を使った前代未聞の規模のテロ事件であり、全世界に衝撃を与えた。その後、アメリカ軍はアフガニスタン紛争、イラク戦争を行うことになる。また、飛行機のマンハッタン高層ビルへの大規模衝突事件としては、1945年のエンパイア・ステート・ビルディングへのB25激突事故以来となった。

アメリカ同時多発テロ事件 – Wikipedia

ワールドトレードセンター (ニューヨーク) – Wikipedia

ラリー・シルバースタイン (911陰謀論) – Skeptic's Wiki

Kazumoto Iguchi's blog : ジョン・P・モルガン:テスラを葬り、タイタニックを沈没させ、FRBを作った男!

連邦準備制度理事会 (Board of Governors of the Federal Reserve System または Federal Reserve Board, FRB)

1776年の建国以来、アメリカ合衆国では第一合衆国銀行や、第二合衆国銀行のような試みはあったものの、分権主義者の反対で取り潰される等して、中央銀行は成立せず、個々の銀行等が金準備を使って紙幣を発行していた。しかし、1907年にロンドンでの米銀の手形割引拒否に端を発する恐慌が起き、アメリカ合衆国内の決済システムが混乱した。その対策として、1910年11月22日、J・P・.モルガンが所有するジョージア州沿岸のジキル島で会議が開かれ、FRB設立について計画が討議された。J.P.モルガンやポール・ウォーバーグ、ジョン・ロックフェラーの後ろ盾の下に、1913年に、ウッドロウ・ウィルソン大統領がオーウェン・グラス法に署名し、同年多くの上院議員が休暇で不在の隙を突いて12月23日にワシントンD.C.に駐在する連邦準備制度理事会と12地区に分割された連邦準備銀行により構成される連邦準備制度が成立した[1]。「準備」とは預金準備のことを意味する。発足当時は政府の強い影響を受け、金融政策の独立性は保証されなかったとされるが、ノーベル経済学賞受賞の経済学者ミルトン・フリードマンをはじめとして、「世界恐慌にまで発展した1920年代のアメリカの金融バブル崩壊に際して、連邦準備制度が明白な不作為によって事態を深刻化させた」と指摘する論者がいる。この考え方は今ではバーナンキをはじめとして広く受け入れられている。
第二次世界大戦後、ブレトンウッズ体制がスタートし、FRBと財務省が協定を締結し、金融政策の独自性を持つようになったとされる。

連邦準備制度 – Wikipedia

アーロン・ルッソ – Wikipedia

Kazumoto Iguchi's blog : ジョン・P・モルガン:テスラを葬り、タイタニックを沈没させ、FRBを作った男!