カール・マルクス


カール・ハインリヒ・マルクス(Karl Heinrich Marx, 1818年5月5日 – 1883年3月14日)は、共産主義運動・労働運動の理論的指導者、経済学者、哲学者。ドイツ出身。20世紀において最も影響力があった思想家の一人とされる。
親友にして同志のフリードリヒ・エンゲルスとともに、包括的な世界観および革命思想として科学的社会主義を打ちたて、資本主義の高度な発展により共産主義社会が到来する必然性を説いた。
マルクスの経済学批判による資本主義分析は主著『資本論』に結実し、『資本論』に依拠した経済学体系はマルクス経済学と呼ばれる。

カール・マルクス – Wikipedia

ep21共産主義とは

ラコフスキー調書 – 財政破綻後の世界 – 日本人が知らない 恐るべき真実

ロスチャイルドと共産主義① – るいネット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA