我道を血で染めど、君の肉片に語るすべなく

お前らが、俺の行く先で死にたがる《わけ》はわかった。

無分別でお人よし、常識のない口の軽さが、お前らの死に至るを語ることを期待しての事だ。

数年来、俺は非情にもそのことを罵り続けてきた。

それは、俺がまだ、まんまと社会に溶け込めず、けれど社会に左右され続けていた苛立ちのなせる技。

今は、もう、お前らの要求は飲み込めた。

お前らは無責任にもこのまぐれ者の奇妙なアブラムシに、社会への抗議を代弁させようとしているのだ。

わかった。

語ってやろう。

どんな具合に列車にぶち当たり、どんな具合に身体がありえない形にねじれ、どれくらい痛かったのか…。

どれくらい社会の重圧がお前らを襲いかかり、悲鳴をあげながら損壊したか…。

されど、俺には確固たる資料はその四散した身体の肉片のみであり、俺は可能であればそれをつぶさに記録し世に問うてみたい。

お前らがどうして俺を選んだのかよくわかっている。

お人好しにして、メシア気取りの《うつけもの》。

見当違いな側溝の爪の垢を、俺は世に問うだろう。

かつてお前らが、この世に《人》として大地を踏み鳴らし、されどその幸福を享受できなかったということを。

遠慮なくぶちまける馬鹿者はこの俺だ。

俺がわめかなければ、お前らはただ道を塞いだ塵芥のように吐き出され、忘れ去られるからだ。

歌おう。お前らが体を張って表現した社会の《暴力》を。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください